2017年05月19日

最近販売されている車は買った当初から

「自動車の減価償却(取得金額)について 昨年事業用で中古の軽自動車を購入しました...」 より引用

自動車の減価償却(取得金額)について 昨年事業用で中古の軽自動車を購入しました。 その際の仕訳は以下のように処理しました。 借方) 車両運搬具 A円 租税公課(取得税) B円 差入保証金(リサイクル料) C円 支払い手数料(諸経費もろもろ) D円 貸方) 未払金 A+B+C+D円 (ローン分割払いです) 減価償却の「取得金額」ですが 車両運搬具として計上した金額(A円)部分だけになりますか…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


最近販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものがほとんどと言えるでしょう。
このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。
一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って査定額アップが望めるでしょう。
カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。
くるま買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、あそこらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。
売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの複数の証明書類が入り用です。
引越や結婚などで車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには訂正するために幾つか書類の提出を求められますから、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。
自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。
普通自動車を売却するときには車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を準備しなければいけません。
これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは異なってきます。
普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。
思い立ったら時間を問わず可能なのが、ネット上にあるくるま買取一括査定サイトです。
一店ずつ回ったら相当な手間になる複数専業店の査定額を1度の手間で手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになるでしょう。
けれども欠点を挙げる人もいます。
それは電話連絡です。
夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、24時間対応の専業店などから深夜に電話がかかってくるなどということもある沿うです。
勤務中にかかってくるのも困りものですし、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。


posted by 瓜田 at 02:01| 日記